四万十川をカヌーで川下りする方法(初心者向け一日編)

お知らせ 》》 A4コットンBag》》なんと48円激安キャンペーンご好評につき継続中!! 夏も激安セール中です☆彡
        完全版下原稿に加え、写メ・画像でのご入稿費も無料です♪
オリジナルエコバッグ作成の流れ バックのお届け お見積もりと発注 仕上がり作成について エコバック素材を選ぶ 名入れイメージ
地球と自然
地球と自然 : 四万十川をカヌーで川下りする方法(初心者向け一日編)
投稿者 : ecobag 投稿日時: 2015-12-21 19:03:49 (337 ヒット)

─────────────────────────────────────────────────────────────────

2013年のGWは、とうとう念願で目標にしていた

四万十川のカヌーで川下り

実現しましたよ!!
 

四万十川カヌーで川下り

四万十川カヌーで川下り



いやーーここまで来るのに半年以上かかりました(^_^;)

なんせ、師匠なしに、手探りでやってるものですから

まずは、カヌー(カヤック)を知るということも含めて、ずっとダム湖系を漕ぎまくっていたわけです。

一歩一歩、いろんな事を経験したり、学んできました。

やっぱりね、やってみて経験しないとわからない事いっぱいです(^O^)

それで、四万十川を川下りするといっても、わからない事だらけな訳ですw

─────────────────────────────────────────────────────────────────

・どこからエントリーしたら良いのか?

・どこをゴールにしたら良いのか?

・どのくらい時間がかかるのか?

・白波の立つ瀬は、ファイルボートで突入しても良いのか? 破けないのか?

・下ったはいいが、車とカヌーの回収はどうしたらいいのか?

─────────────────────────────────────────────────────────────────

初心者なんで、まーこんなもんですよね!

とにかく、疑問だらけで、調べても調べても、意外とネットにもコレといった情報はありません。

あっても、カヌーで2泊3日とかのキャンプツーリングで、一日でやっつける情報がない・・・

やっぱり、やってみるしかない\(^o^)/

それでも、超慎重派、ビビリ~なのが取り柄なものですからw

まずはGW前半の休日をカレンダーどおりいただきまして

2泊3日の予定でキャンプ基地も張って、リサーチします。

やっぱり直に目で見てみないと!

四万十キャンプ

四万十キャンプ



ずーっと四万十川に添って車で走りまして

どこから、どこまでなら、自分でも大丈夫かリサーチ

計画も決まりました☆

まずは、今回チャレンジしてみたコース

─────────────────────────────────────────────────────────────────

江川崎(カヌー館近く)からエントリーして、ゴールを「かわらっこ」(高瀬沈下橋の手前)に設定

結果、全行程25km、6時間の旅ができました。

マップです。

江川崎(A)→かわらっこ(B)



江川崎(A)に郵便局がありまして、その側に公衆の駐車場とトイレ、この下にキャンプ場と河原があります。

─────────────────────────────────────────────────────────────────

そして、いよいよGW後半の休日、本番にやってきました!!

ここ江川崎(A)に車を駐めて、いよいよエントリー

スタート地点、江川崎の河原

スタート地点、江川崎の河原



入水と同時程に、上流から下ってきたカナディアンカヌーツアーの一行が到着

聞こえてくる話しは、一つが沈したらしく、盛り上がってました。

勲章??の沈マークを船に張るとか張らないとかw

自分は撃沈したくないな~~~~(^_^;)

と、ドキドキしながら出航です。

いつもはエコバックに、いろんなグッズとか入れてカヌーに詰め込んでますが

今回は一応、ビニールとかドライバックなんかで防水

念のため、撃沈する覚悟もしましたよwww

カヌーツアーの皆さん

カヌーツアーの皆さん



出航してすぐの河原では、カヌー館のツアーの皆さんが

出発前のスクールをしてました。

ポリ挺(ポリエチレン)だと、カヌーが破ける心配ないから、いいな~~~なんて思いながら通過。

どうやら、自分的に破けて撃沈するのも致し方なしと思っているらしい(^_^;)

ベタ凪の四万十川

ベタ凪の四万十川



出航時の10時頃は、風もまったく無く

見事なベタ凪

水面に写る、四万十の山々がなんて美しいこと♪

しかし、この後すぐ

カヌー館目の前の瀬が、ちょっとキツかった。

いきなり、カヌーの船底とか、横側とか、岩にガツガツぶつけちゃいました。

バランスも崩して、沈目前

焦った~~~(^_^;)

瀬越えって、ずーっとこんなのなのかな!?

と心配いっぱいの出だしです。

─────────────────────────────────────────────────────────────────

まー結論としては、今回のコースでキツかった瀬は

このカヌー館目の前のやつだけでした。

ほかの瀬も、それなりに岩にすったり、水をかぶったりしたけど

まーファルトボートでもOK!!

な感じです。

なので、もし初めて四万十川をファルトボートで下ろうという場合は

次のエントリー候補地「網代」からの入水がオススメ

網代

網代



江川崎から1時間程カヌーで到着する場所です。

自分も次回はここ網代からエントリーしようと思う。

網代キャンプ場



実は今回、なめていた事がありまして

「川下りって、ずっと流れていくわけだから全然運動にならないよね、ラクチン!」

な~んて

え~~~

実際に川下りしてみますと、実は(初心者コースだからかもしれないけど)

「ほとんどずーーっと漕いでないといけないです」

ということで、とっても良い運動になりました!!

そして、漕いで漕いで、念願の沈下橋に到着

岩間沈下橋

岩間沈下橋

岩間沈下橋



スタート地点の江川崎から2時間

網代からなら1時間程で到着できます。

初の沈下橋くぐり、感激♪♪

0コメント


コメント一覧

オリジナルオーダー名入れ例