Illustratorで作成したものもベクトルデータの一種ではないのでしょうか?

お知らせ 》》 A4コットンBag》》なんと48円激安キャンペーンご好評につき継続中!! 夏も激安セール中です☆彡
        完全版下原稿に加え、写メ・画像でのご入稿費も無料です♪
オリジナルエコバッグ作成の流れ バックのお届け お見積もりと発注 仕上がり作成について エコバック素材を選ぶ 名入れイメージ

HOME >> 教えて!Xoo >> カテゴリバックを作るQ&A >> Illustratorで作成したものもベクトルデータの一種ではないのでしょうか?

教えて!Xoo
カテゴリ:バックを作るQ&A

更新日時:2012-12-19 9:39
質問
No.48 質問:Illustratorで作成したものもベクトルデータの一種ではないのでしょうか?
質問者:ecobag ベクトルデータとはなんでしょう?
Illustratorで作成したものもベクトルデータの一種ではないのでしょうか?
前に送ったものではダメですか?
2012-12-19 9:38
回答受付中
バックを作るQ&A

回答
回答者:ecobag ベクトルデータですが、線データが集まって作られたものになります。
この線データは計算式で作られていますので、どれだけ拡大しましても
計算で描かれるため、絵が荒くなったり、ギザギザになったりすることがありません。

一方
ラスターデータといわれる画像のものは、点が集まって描かれています。
こちらの場合、拡大いたしますとボヤケたり、ギザギザのたいへん荒い絵となります。

通常イラストレーターでは、線データを作成するのを主としたソフトウェアとなります。

今回のデータは、ラスターデータ(画像)を貼り付けているだけですので
あくまで点の集合となり、拡大いたしますと荒い絵となってしまいます。


シルクプリントの場合は、版を作るために、線データの方が必要となりますので
今回お届けいただいておりますデザインデータですと、あくまで点データのため
そのまま使用することができません。

通常ですと、この点データである画像からトレース作業(2500円~)というのをいたしまして
線データを作成し、版下を作っていきますが
今回は、元の画像がたいへん小さいので、トレース作業もできない状態です。

染色プリントが可能ですのは、版を作成せず、お届けいただきました画像のまま
印刷するためとなります。
お届けの画像データ以上に精細さがあがったりすることはありませんのでご注意ください。
2012-12-19 9:39

オリジナルオーダー名入れ例
オリジナル作成に感謝☆