シルクプリントとは?

お知らせ 》》 A4コットンBag》》なんと48円激安キャンペーンご好評につき継続中!! 夏も激安セール中です☆彡
        完全版下原稿に加え、写メ・画像でのご入稿費も無料です♪
オリジナルエコバッグ作成の流れ バックのお届け お見積もりと発注 仕上がり作成について エコバック素材を選ぶ 名入れイメージ
トップ  >  プリントについて  >  シルクプリントとは?

オリジナルプリント価格ナビ 染色プリント価格へ シルクプリント価格へ フィルムプリント価格へ 転写プリント価格へ プリント方法ナビ 染色プリント解説へ シルクプリント解説へ フィルムプリント解説へ 転写プリント解説へ

シルクプリントについて(シルクスクリーンプリント・ラバープリント)

 

  染色プリント シルクプリント フィルムプリント 転写プリント
版 代 DIGITAL版
10枚から無料

8,000円/1色

DIGITAL版
10枚から無料
DIGITAL版
10枚から無料
価格単位 プリント面積で計算 1枚あたり1色 プリント面積で計算 プリント面積で計算
価 格

何色使っても

1cm×1cm=1円

+プレス費300円

(プレス費10枚から

枚数割り引きあり)

200枚~1000枚

 150円~60円~

(大口割り引きあり)

1cm×1cm=4円~

+プレス費300円

(プレス費10枚から

枚数割り引きあり)

何色使っても

1cm×1cm=8円

+プレス費300円

(プレス費10枚から

枚数割り引きあり)

制 約

黒色・濃い色生地

にプリント不可能

版代が必須

用意された

単色カラーのみ

絵柄の周囲に

余白枠がつく

長 所 少量で安価 大量で安価 少量で安価 少量で安価

 

 ( お見積の際にお客様の用途にあった、一番安価なプリント方法をご提案しています )

 

   おまかせの場合は、決まっている項目のみお知らせください >> エコバッグお見積フォーム

 

 

 

 

 

■ シルクプリントのポイント

Tシャツ項目プリント色数が少なめで大量生産する場合に向いています

Tシャツ項目生地にインクで印刷するスタンダードなシルクプリント手法です

Tシャツ項目オリジナルプリントをするのに一番普及しているプリント方法です

Tシャツ項目版を作るのに多くの時間と作業が必要ですが、プリントは効率よくおこなえます

Tシャツ項目版は1色につき1版必要となります

Tシャツ項目カラー生地へもプリントできます

Tシャツ項目白色のプリントができます

 

 

 

 

 

■ シルクプリントで出来ないこと

Tシャツ項目バックボディの場合、四色分解印刷できませんので、写真的表現はできません。

Tシャツ項目色と色が接するデザインの場合は、2色印刷までとなります。

  (色同士が接しない場合は3色刷りなども利用可能です)

Tシャツ項目縫い目をまたいだプリントはできません

Tシャツ項目バッグにポケットが付いており、ポケットの上に印刷範囲がある場合は1色のみの印刷が可能です。

 

 

 

 

■ シルクプリントに必要なデータについて

Tシャツ項目アウトライン(ベクトル)データが必要となります 線データともよびます

Tシャツ項目イラストレーターのアウトラインデータで原寸入稿いただければ完全版下として使用できます

Tシャツ項目jpegなどの画像や手書きイラストなどは、ディアアースにてトレースしデータ化することができます(有償)

Tシャツ項目印刷カラーの指定がございます場合は、必ずカラーコード(DIC・PANTONE)にてご指定ください。

  (RGB・CMYKの値ではご指定いただけません)

Tシャツ項目鮮明な表現が必要な場合は、1pt(0.4mm)以上の塗り 2pt(0.7mm)以上の抜き(空間) としてください。

 

 

 

 

■ 色校正(試作)について

Tシャツ項目本生産前に印刷校正をご希望の場合は、校正費3500円と7営業日の延長納期で、現物をお届け可能です。

Tシャツ項目印刷、カラー仕上げに基準をお持ちの場合は必ず実施してください。

  (未試作での本生産によるクレームはお受けできません)

Tシャツ項目色校正後の色調整変更は無料です。

Tシャツ項目デザインに変更がある場合は、追加で版代等費用が発生します。

Tシャツ項目カラーコード(DIC・PANTONE)でご指定の無いない場合は、

  やむを得ず画面表示をPANTONEアプリでスキャンし、表示された値のカラーコードを使用いたします。

  スキャン値の使用カラーコードは事前にお知らせいたしますので、必ずカラーチップやアプリでご確認ください。

  (画面の表示色は各皆様の環境で違いますので正確な色再現とはならず、出たなりとなります)

 

 

 

■ 価格について(多めのロットで安価になります)

 

シルクプリントは版をつくる製版工程に大がかりな設備と資材、時間が必要なので

 一つのデザインをプリントする際に、初期のコストが必要です(下部のプリント生産現場のご紹介をご覧ください)

 しかし、一度版を作成すればエコバッグ1枚ごとのプリント費用は安価なので大量生産に向いています

 これは、プリントインクが安価なのと、1枚をプリントする時間が早いためです

 

逆に染色プリントの場合は、初期コストの版が必要ない代わりに、インク費が少々高価で

 プリント時間が多く必要なため、少量生産に向いています

 染色プリントとシルクプリントのコスト比較表を作成しましたのでご覧ください

 

版はプリントするカラー1色ごとに1版必要なので、単純にコスト比較はできませんが

 デザインやプリント枚数でも最適な印刷方法が違ってきますので、ディアアースではお客様のデザインと仕様を

 拝見し、プロから見た最適なプリント手法をご提案しています

 

 

 

■ シルクプリントの解説

 

インクを生地の上にのせる手法のプリントです。

 大量生産する際に、コストを抑えられるため現在主流として使われているプリントです。

 プリントをする際は、というものが必要となり、この版で版画を作るように

 プリントをおこなっていきます。

 版とプリント方法を身近な物でご紹介すると、年賀状とかで昔よく使われたプリントゴッコに近い方法です。

  (そろそろプリントゴッコ知らない人もいらっしゃるでしょうか)

 後ほど工場をご紹介しますが、実際はたいへん高精度で繊細かつ大がかりな生産を行います。

 

版から生産する必要があるので、版代として初期のコストがかかりますが、

 版ができあがれば、プリント自体はスピーディーにおこなえます。

 1枚~少量のエコバッグをつくる場合は、版代が含まれるため1枚の価格が高くなってしまいます。

 プリントデザインの色数が少なく、何百枚またはそれ以上のエコバッグをプリントする場合は安価に生産できます。

 

 

 

 

■ プリント生産現場のご紹介

オリジナルエコバッグ項目製版工程

製版工程1~4

1 アルミの枠で土台となる版を作ります
  (キングサイズは1台で1つ、一般的なサイズの版だと横2つに並べることができます)

2 枠に紗(しゃ)と呼ばれる網を張り、機械でテンションをかけ張ります
  デザインの細かさやインクの種類によって、紗(しゃ)のメッシュの種類を決めます(4種類)
  メッシュを通り抜け、インクがおりてエコバッグにプリントされます。
  グリッターなどのようにラメの粒子が大きいものだと、普通のインクとは別に少し目の粗い紗を使わないと
  ラメが綺麗にプリントできないため、オプションでグリッター用製版代がかかります

3 重石をのせたら接着剤を塗り、乾燥させます

4 乾燥後、枠に沿って紗(しゃ)を切り取りれば版の完成です
  昔は紗(しゃ)にシルクが使われていたことからシルクスクリーンプリントと呼ばれるようになりました

プリント用製版工程5~8

5 感光乳剤で版をコーディングします 乳剤は、光によって固まるためその部分にはインクを通しません

6 製版機械に通し、デザインを版に描きます(機械が左右に動いて少しずつ印字されます)

7 デザインを版に定着させるため、強い光(紫外線)で焼き付けると乳剤は完全に固ま

  その部分にはインクを通しません

7 緑だった部分が青色に固まっていると完全に固まったサインで、焼付け完了です

プリント用製版工程9~11

5 焼付け完了したものを水につけると、黒色の部分がスルスルと溶けます

6 デザイン部分には、緑の乳剤を塗る前のメッシュ部分が見えます

7 最終乾燥後、まわりをテープで保護したら版の完成です(特急仕上げの場合、1~11までの工程を1日半で行います)。

 

 

オリジナルエコバッグ項目版下データ作成とインク調合

オリジナルTシャツプリント用版下作成とインク

1 お客様のデザインから製版機械用データを作成します

2 製版機械で版を作成

3 指定いただいたプリントカラーを、インクの調合表で確認

4 プリント用のインクも機械で調合製造し、プリント機械へセット

 

オリジナルエコバッグ項目シルクプリント工程(ラバープリント)

プリント工程1~3

 (本プリントの前に必ず何枚かの試し刷りをしてリハーサルをします)

1 プリント機械にしわが寄らないようTシャツをセット

2 スキージというヘラで版の上からインクを刷り込み

3 プリント機をクルっと回転させて、スポット乾燥機へTシャツを移動

プリント工程4~5

4 高温の熱源でエコバッグのプリント面を一度乾燥させてます

5 エコバッグをまた元の位置に戻して、再び版をセット

6 精魂こめてもう一刷り!

プリント工程7~9

7 職人の目で仕上がり具合をしっかり目視確認

8 大型乾燥機のベルトコンベアーにエコバッグを載せて乾燥へ

9 乾燥機を通り抜けてきたらオリジナルエコバッグの完成!

 

 

ラバープリントの価格表

 

 ◆ラバープリント価格表

 ◆ラバープリントとデコプリ染色プリントの価格比較

 


シルクプリント 工場

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
前
フィルムプリントとは?
カテゴリートップ
プリントについて
次
転写プリントとは?
オリジナルオーダー名入れ例