キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート(M)の詳細レビュー!

 

人と地球に優しい本物のエコバッグ・自然素材のバッグ生地プリント専門店です
トップ  >  エコバッグの実験レビュー/詳細レポート  >  キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート(M)の詳細レビュー!

 



キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート(M)の詳細レビュー!


 

 

  キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート(M)の特徴

  サイズ感と重さを計測しました

  収納力と魅力について

  バッグの作り観察と洗濯実験レビュー

  エコバッグをオリジナルで作る!

  キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート(M)の商品ページへ

 

 

■「キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート(M)」の特筆ポイント!

 

  • バッグの底面にデザインされたポイントカラー
  • 肩掛けショルダー使用しやすい長さの持ち手
  • 荷物が取り出しやすく、肩に負担がかかりにくい横長エコバッグ
  • 容量10L、B4サイズまで収納できる便利なサイズ感
  • バッグ本体のカラーはグレー、ブラック、ミッドナイトブルー、レッドの4色展開
  •  

     

    キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート(M)

    左からグレーとブラックのキャンバスカラーボトムアウトハンドルトート(M)

    こちらのバッグは左からグレーとブラックです
    柔らかい生地感で横長バッグですので、ショッピングバッグとしてお使いいただくことがおすすめです

     

     

     

    ▶▶ キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート(M)の商品ページへ ▶▶

     

     

     

    ■「キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート(M)」について詳しくレビュー

     

    ●キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート(M)のサイズを実際に計ってみました

    カタログでのサイズ表記は縦320㎜、横400㎜、マチ120㎜、実測してみると縦328㎜横394㎜マチ111㎜でした。  カタログ値との差異はそれぞれ縦幅+8㎜、横幅-6㎜、マチ-9㎜ということで、カタログ値と実物には+8㎜~-9㎜程度誤差が出る場合もあるという結果になりました。

    また、測定値からもお分かりいただけるように、「キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート」は横長のエコバッグです。 このような横長バッグの強みは主に2つあります。 1つ目は、肩掛けしたまま荷物を出す際に取り出しやすいという点、2つ目は、荷物の重さが左右に分散されるため、肩にかかる負担が軽減されるという点です。

    そして、「キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート」は一般的なトートに比べて生地が柔らかいので、本など重さがあるものを入れるより、洋服や雑貨など比較的軽く柔らかいものを入れるためのバッグとして向いているように感じました。 生地感については、次の項目で詳しくお伝えしていきたいと思います。

    ※実際の製品とカタログ値に差異が出る場合があります。

    メーカー生産過程における許容された生産ブレ範囲となりますのでご了承ください

     

    ↓キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート(M)を実際に測ってみました↓

     

    縦幅の実測値

    縦幅の実測値は328㎜でした

    カタログ値との差異は+8㎜です

     

     

    横幅の実測値

    横幅の実測値は394㎜でした

    カタログ値との差異は-6㎜です

     

     

    マチの実測値

    マチの実測値は111㎜でした

    実測値との差異は-9㎜です

     

     

     

     

     

     

     

    ●このエコバッグの重量を量りました

    「キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート」の重さを計ってみると160gでした。

    また、生地は10オンスと安心感のある厚みで、厚みを測定してみると本体は1.26㎜、持ち手は1.21㎜、底面カラー部分は0.99㎜という結果になりました。 10オンスの生地を使用しているトートバッグの厚みは大体平均1㎜台ですので、こちらの「キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート」は平均的な生地感であることが分かりました。

    また、ボトムカラー部分は生地がさらに薄くなっており、測定してみると0.99㎜でした。 ※10オンスと表記されているバッグの中でも、厚みの幅が1~2㎜台までと幅広いので、ぜひこちらの測定値を参考になさってみてください。

    底面の生地はかなり薄く、重いものを入れるとかなり底面がたわみますので、「キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート」の個性を考えて荷物を選んでいく必要がありそうです。

    詳しい底面の生地感については次の項目で詳しく取り上げていきたいと思います。

     

    ↓キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート(M)の重さを実際に測ってみます↓

     

    バッグの重さ

    バッグの重さは160gでした

    大きさに対してかなり軽い印象です

     

     

    本体の厚み

    本体の厚みは1.26㎜でした

    本体が一番厚い生地で作られています

     

     

    持ち手の厚み

    持ち手の厚みは1.21㎜でした

    本体の厚みとほぼ同じでした

     

     

     

     

     

    底面の厚み

    底面の厚みは0.99㎜でした

    本体と違う生地・厚みであることが

    お分かりいただけます

     

     

     

     

    ▶▶ キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート(M)の商品ページへ ▶▶

     

     

     

    ■「キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート(M)」の容量と魅力

     

    キャンバスカラーボトムアウトハンドルトートは横長トートであることや、ボトムカラーがついている点が魅力的です。

    そこで、今回はそれら2点に着目して魅力をお伝えしていきます。

     

    ●実際に2Lペットボトルを入れてみました!

    まずは2Lペットボトルを入れてみると、3本分ゆとりをもって入れることができました

    また、人気定番商品である「キャンバスファームトート」と比較してみると、ペットボトルを入れた時の左右のゆとりはほぼ同じでした。 ですが、横から見た際に「キャンバスファームトート」はペットボトルの先がやや見えていましたが、「キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート」はペットボトルがすべて隠れるサイズ感であるという違いがお分かりただけるかと思います。

    「キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート」は珍しい横長エコバッグなのですが、2Lペットボトルがすっぽりと入ることから、容量は十分にあることが分かりました。 さらに、底面のカラーは4色展開されていますので、オリジナルプリントのロゴやイラストに合わせてお選びいただける点も魅力的です。

    エコバッグを持ち歩くことが当たり前となってきた昨今、ショッピングバッグとしてもお使いいただけるかと思いますので、ぜひ「キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート」でオリジナルエコバッグをプリント作成してみてください。

     

    ↓容量確認として2Lペットボトルを入れて比較してみました↓

     

    2Lペットボトルが3本入りました

    「キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート」

    に2Lペットボトルが3本入りました

     

     

    左右にゆとりをもって収納

    上から見てみると、左右にゆとりを

    もって収納することができています

     

     

    左が「キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート」右が「キャンバスファームトート」

    左が「キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート」

    右が「キャンバスファームトート」です 

     

     

     

     

     

     

    ペットボトルの先まで隠すことができる

    横からみると
    「キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート」

    はペットボトルの先まで隠す

    ことができることが分かりました

     

     

     

     

     

    ●本を入れてみました!

    次に、「キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート」の中にA3サイズの本を3冊入れてみました。

    ご覧の通り、重いものを入れると底面がかなりたるむことがお分かりいただけます。 重さがあるものを入れると少々持ち運びしにくいですので、例えば、着替えを入れたりサブバッグとして使用したりしていただくと「キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート」の特徴を生かしてお使いいただけるかと思います。

    また、10オンスの生地の中でもかなり柔らかい生地感で、手軽に使いやすいエコバックですので、メインバッグの中に丸めて入れておくこともできますし、ライブやイベントの物販でのオリジナルエコバッグとして販売されても人気商品になること間違いなしです。

    珍しい横型バッグでカラーボトムというデザイン性の高さ、そして実用性の高さのバランスが程よいバッグですので、アパレルショップでのショッパーバッグとしても取り扱いしていただけそうです。

     

    ↓重い本を実際に入れてみました↓

     

    重い本を実際に入れてみました

    A3サイズの本を3冊入れると底面がたるんでいることがお分かりいただけます
    洋服や雑貨、サブバッグとしてお使いいただくとさらにバッグの強みを生かすことができます

     

     

     

     

     

    ●規格用紙と比較してみましょう!

    最後に、それぞれのサイズの画用紙と比較してみました。

    A3サイズを横向きに入れることは難しそうですが、B4サイズのものであれば収納でき、A4サイズであれば縦向きでも横向きでもゆとりをもって収納できることが分かりました。このように今回3種類の画用紙と合わせてみたことで、改めて横型が活きているバッグであると感じました。

    横型バッグといえば、定番人気商品である「キャンバストートS」のようなランチバックサイズであればよく見かけますが、「キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート」のような、B4サイズまで入る大容量の横長バッグはなかなか出会えません

    また、冒頭でも触れましたとおり、横型バックのメリットは肩掛けした際の使いやすさが抜群に良い点です。 ですから、物販はもちろんのこと、ちょっとしたショッピングやピクニックにもぜひご活用いただければと思いますので、お店のブランドをデザインプリントしたオリジナルお買い物バッグの作製や、アウトドアブランドのロゴを印刷したピクニックバッグなどに良さそうです!

     

    ↓規格用紙でサイズ感を確認してみます↓

     

    A3サイズの画用紙と比較

    A3サイズの画用紙と合わせてみました

    A3サイズを横向きに入れることは難しいようです

     

     

    B4サイズの画用紙を横向きに

    B4サイズの画用紙を横向きに

    入れてみるとピッタリ収納できます

     

     

    A4サイズを横向きに入れると

    A4サイズを横向きに入れると

    ゆとりをもって入れることができるようです

     

     

     

     

    A4サイズを縦向きにすると

    A4サイズを縦向きにすると

    左右にゆとりをもって収納できる大きさです

     

     

     

     

    ▶▶ キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート(M)の商品ページへ ▶▶

     

     

     

    ■「キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート(M)」の作りを手にとってレビューします

     

    ●裏地の作りをレビューします!

    キャンバストップカラーベルトライントートの裏地の状態について確認してみました。

    まず、全体的に裏地の縫製は綺麗でしたが、ところどころ糸が出ている部分がありました。  持ち手部分はクロス縫いされており縫い目も綺麗でした。 また、サイドの生地の切れ端はすべて処理されており、ほつれる心配はなさそうです。

    唯一、バッグの口のサイド部分が何度も重ね縫いされており、やや縫製が粗く感じましたが、使用に問題はなさそうです。 さらに、底面は袋状になっていたので縫い目がありませんので安心してお使いいただけます。

     

    ↓ 裏返して作りをレビューします ↓

     

    バッグ全体の裏地の状態

    バッグ全体の裏地の状態です

    全体的にきれいな縫製です

     

     

     

    カラーボトムの切り替え部分の裏地

    カラーボトムの切り替え部分の裏地です

    2重縫いされていますが端は切りっぱなし

    なっていました

     

     

     

    底面の裏地の状態

    底面の裏地の状態です

    袋状になっていてほどける心配がありません

     

     

     

    角の裏地の縫製

    角の裏地の縫製です

    糸が出ている部分はありませんし、
    切れ端も処理さされています

     

     

    サイドの裏地の縫製

    サイドの裏地の縫製です

    縫い目も綺麗ですし

    端はほつれないよう処理されていました

     

     

    持ち手部分の縫製

    持ち手部分の縫製です

    しっかりとクロス縫いが施されていました

     

     

     

    バッグの口の裏地の縫製

    バッグの口の裏地の縫製です

    折り返し縫いが施されていました

     

     

     

     

     

    タグに注意事項が記載されていました

    タグに注意事項が記載されていました

    「性質上洗濯することができない」
    注意事項が書かれています

     

     

     

     

     

     

    ●実際にエコバッグを洗う洗濯実験をしてみます

    「キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート」の裏地の状態を確認している際、すべてのカラーのバッグに「洗濯すると色落ちする」旨の注意事項が書かれたタグが取り付けられていました。

    そこで、今回も実際に手洗い洗濯してみて、色落ちがあるのか・どの程度の色落ちなのかを試してみました。

    「キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート」はカラーが4色あるので、今回はブラックを洗濯実験してみました。

    結果としては、洗濯時の色落ちはほぼみられず、洗った後の水も変化がありませんでした。 また、乾燥後はバッグによってはシワが深く入ってしまい、使用前にアイロンがけする必要があるものもありますが、「キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート」はシワ入りが少なく、アイロンなしでお使いいただけると思います。

    ただ、乾燥後は洗濯前より触った感じややざらつきますので、その点についてはご注意ください。

     

    ↓ ブラックのトートバッグを実際に手洗い実験してみました ↓

     

    洗濯開始後の様子

    洗濯開始後の様子です

    このトートバッグは水弾きはありませんでした

     

     

    洗濯後の水の様子

    洗濯後の水の様子です
    水の色は変わらず色落ちは感じませんでした

     

     

    乾燥中の様子

    乾燥中の様子です
    ボトムカラー部分が色濃くなっていることがわかります

    乾燥後はシワ入りも少なく洗濯前と同様に使えそう

     

     

     

     

     

    ▶▶ キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート(M)の商品ページへ ▶▶

     

     

     

     

    ■「キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート(M)」の利用例を考えてみました

     

    これまでにも利用シーンについていくつかお伝えしてきましたが、「キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート」は珍しい横型トートであることと底面のボトムカラーが魅力的なエコバックです。 底面の生地はかなり柔らかい素材ですのであまり重いものを入れることはおすすめしませんが、横長トートは左右に重さが分散されますので、肩掛けしてもかなり楽に持ち運びしていただける点が持ち味です。

    また、ボトムカラーが4色ありますのでオリジナルプリントの雰囲気に合わせてカラーをお選びいただけますし、どのお色もオリジナルプリントを引き立ててくれます。 タウンユースはもちろんのこと、カジュアルアウトドア時にサブバッグとして使用したり、アーティストイベントやライブの物販品としてお使いいただくことも大変おすすめです。

    オリジナル印刷できるエコバッグは多様にありますが、「キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート」だけの魅力を知っていただき、ぜひオリジナルエコバッグを作成していただければと思います。

    オリジナルプリントは片面あたりシルクスクリーン印刷で1~2色、両面に印刷可能です。

    フルカラー印刷での鮮やかなオリジナルプリントや写真画像の印刷も可能です!

     

     

     

    ボトムのミッドナイトブルー色に合わせたカラープリント

    ボトムのミッドナイトブルー色に合わせたカラープリントと

    ワンポイントでピンク色でプリントした素敵なオリジナルデザイン例

     

     

     

     

    ▶▶ キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート(M)の商品ページへ ▶▶

     

     

     

     

    キャンバスカラーボトムアウトハンドルトート(M)で格安オリジナルエコバッグを作成しよう!

     

    前
    キャンバストップカラーベルトライントートの詳細レビュー!
    カテゴリートップ
    エコバッグの実験レビュー/詳細レポート
    次
    厚手キャンバスBCトート(M)の詳細レビュー!
    スピード印刷便
    スピード印刷便 最短中2営業日出荷 お急ぎご対応できます!

    無料印刷お見積り
    オリジナル作成簡単見積もり


    人気のエコバッグ一覧へ


    お問い合わせ

    = エコバッグ一覧 =

     

    フルカラー印刷OK定番トートバッグ一覧

     

    ナチュラルカラーのコットントートバッグ一覧

     

    カラートートバッグ一覧


    プリント価格

    ご利用にあたり
    オプション詳細説明
    カンパニー
    プリントコンテンツ
    自然素材で作られたコットントート専門に印刷している会社です。染色染料での印刷は乳幼児が触れても安全保証されていて洗濯乾燥もOKなので清潔。徹底したローコスト運営と、全てのお客様に公平であることで裏付けのある安さも実現しているディアアースです。