厚手キャンバスBCトート(S)の詳細レビュー!

 

人と地球に優しい本物のエコバッグ・自然素材のバッグ生地プリント専門店です
トップ  >  エコバッグの実験レビュー/詳細レポート  >  厚手キャンバスBCトート(S)の詳細レビュー!

 



厚手キャンバスBCトート(S)の詳細レビュー!


 

 

  このエコバッグの特徴

  サイズ感と重さを計測しました

  収納力と魅力について

  バッグの作り観察と洗濯実験をしてみた

  エコバッグをオリジナルで作る・利用例

  厚手キャンバスBCトート(S)の商品ページへ

 

 

■「厚手キャンバスBCトート(S)」のオススメポイント!

 

  • コンパクトかつ自立する使いやすいエコバッグ
  • ハンドルラインがワンポイント
  • 小物を取り出しやすい外ポケット
  • 14オンスの丈夫な生地感
  • バック本体のカラーはカーキ、レッド、ミッドナイトブルー、スカイグレー、ナイトブラックの5色展開
  •  

     

     

    レッドとナイトブラック

    レッドとナイトブラックです

    ハンドルラインのワンポイントカラーがとっても映えますね!

     

    バッグの中身を入れなくても自立するほど丈夫なバッグです

    バッグの中身を入れなくても自立するほど丈夫なバッグです

     

     

     

     

    ▶▶ 厚手キャンバスBCトート(S)の商品ページへ ▶▶

     

     

     

    ■「厚手キャンバスBCトート(S)」について詳しく見てみます

     

    ●BCトートをサイズを実際に計ってみました

    カタログでのサイズ表記は縦270㎜、横360㎜、マチ120㎜、実測してみると縦267㎜横365㎜マチ112㎜でした。

    縦幅-3㎜、横幅+5㎜、マチ-8㎜でカタログ値とほぼ同じサイズですが、バッグメーカー許容の作成ブレが見受けたれますので、ピチピチに寸法ピッタリな物を入れます場合は、エコバッグの個体差で入らない場合もある点ご注意ください。

    また、こちらの「厚手キャンバスBCトート」はコンパクトサイズかつ外ポケットがあったりバッグが自立したりと実用的な点が特徴的なトートバックです。

    外ポケットは携帯や鍵、折り畳み財布などの貴重品がピッタリ入るサイズですので、デイリーバッグとして大変活躍してくれるトートだと思います。

    ※実際の製品とカタログ値に差異が出る場合があります。

    メーカー生産過程における許容された生産ブレ範囲となりますのでご了承ください

     

    ↓厚手キャンバスBCトート(S)を実際に測ってみました↓

     

    縦幅の実測値は267㎜

    縦幅の実測値は267㎜でした

    カタログ値との差異は-3㎜です

     

     

    横幅の実測値は365㎜

    横幅の実測値は365㎜でした

    カタログ値との差異+5㎜です

     

     

    マチの実測値は112㎜

    マチの実測値は112㎜でした

    カタログ値との差異-8㎜です

    このように1cm近くの作成サイズ違いもあるので

    ギリギリサイズのモノをいれる際はご注意ください

     

     

     

     

     

     

     

    ●このエコバッグの重さを計測しました

    「厚手キャンバスBCトート S」の重さを計ってみると260gでした。

    生地の厚みは珍しい14オンスで、かなり丈夫な生地感でつくられています。  また、厚みを測定すると本体は2.37㎜ありました。 そして、持ち手部分の厚みは2.58㎜でした。 一般的には10オンスの生地なら1㎜台の厚みが平均的ですので、かなりしっかりとした生地感であることが伝わるかと思います。

    さらに、生地が分厚いことによってバッグが自立するので、中身が取り出しやすかったり、バッグが倒れて中身が出るといったアクシデントを防ぐことができたりします。

    「厚手キャンバスBCトート S」のような厚手のエコバッグはなかなか店頭では見ないので、個人的にタウンユースとして利用するだけでなく、記念日や誕生日などのプレゼントバッグとしてオリジナルエコバッグを作成しても大変喜ばれそうです。

     

    ↓厚手キャンバスBCトート(S)の重さを実際に測ってみます↓

     

    厚手キャンバスBCトート(S)の重さは260gでした

    厚手キャンバスBCトート(S)の重さは260gでした

    なかなかみかけない14オンスの生地を使用した頑丈なエコバッグです

     

     

     

    本体の厚みを測定

    本体の厚みを測定したところ

    2.37㎜ありました

     

     

     

     

    持ち手部分の厚みを測定

    持ち手部分の厚みを測定したところ

    2.58㎜ありました

     

     

     

     

    ▶▶ 厚手キャンバスBCトート(S)の商品ページへ ▶▶

     

     

     

    ■「厚手キャンバスBCトート(S)」の収容力と魅力

     

    厚手キャンバスBCトートSサイズは、厚手の生地感と外ポケットがある点が魅力的です。

    そこで、今回はこれら2点に着目して魅力をお伝えしていきます。

     

    ●実際に2Lペットボトルを入れてみます!

    2Lペットボトルを入れてみると3本分入りました。 しかし、横から見てみるとおわかりいただけるように、ペットボトルの5分の1はバッグから頭がはみ出しています。

    また、定番人気商品である「キャンバスファームトート」と比較すると、かなりピッタリとペットボトルが入っていることがお分かりいただけます。 容量を重視している場合であれば少々容量は物足りないかもしれませんが、正直なところ、大容量のトートバッグはいくらでも種類があります。

    それに対して「厚手キャンバスBCトート(S)」のように、日常使いにちょうどいいサイズかつ、生地感やデザイン性、機能性含めて、使いやすさに特化したエコバッグにはなかなか出会えません。 特に、エコバッグはバックの口が開いていて中身が取り出しやすいものがほとんどですが、それと同時に中身が外に雪崩れやすいことが欠点でもあります。 このような欠点をカバーできているのが「厚手キャンバスBCトートS」です。

    個人利用としても商業利用としても大変喜ばれるバッグだと思いますので、ぜひオリジナルエコバッグを作成してみていただきたいです。

     

    ↓容量確認として2Lペットボトルを入れて比較してみました↓

     

    2Lペットボトルが3本分入りました

    厚手キャンバスBCトートS」には

    2Lペットボトルが3本分入りました

     

     

    横からみた様子

    横からみた様子です

    ペットボトルの頭がかなり出ています

     

     

    上から比較

    キャンバスファームトート」と

    上から比較してみると

    ゆとりの違いが分かります

     

     

     

     

    厚手キャンバスBCトートS」と

    キャンバスファームトート」を

    並べて比較してみます

     

     

     

     

     

    ●用紙サイズとエコバッグを比較レビューしてみます

    次に、A4サイズの画用紙とバッグでサイズを比較してみました。 ご覧の通り、「厚手キャンバスBCトート S」はA4サイズの荷物がピッタリ入るサイズ感であることがお分かりいただけます。

    エコバックの中では小さめのサイズですが、日常生活においてA4サイズの書類が入れば十分かと思いますので、デイリーバッグとして十分活用していただけそうです。

     

    ↓A4用紙サイズと比較してみました↓

     

    A4サイズの荷物がピッタリ入るサイズ感

    A4サイズの荷物がピッタリ入るサイズ感

     

     

     

     

     

    ●このエコバッグに日用品を入れてみましょう!

    次は、実際に日用品を入れてデイリーバッグとしての使用をイメージしてみました。  まずは外ポケットに携帯を入れてみると、かなりゆとりがありました。  携帯の他にも、鍵や折り畳み財布、駐車券なども入れておけそうです。

    トートは仕切りポケットがないものが多数ですが、「厚手キャンバスBCトート」のようにちょっとした外ポケットがあれば、毎回探さなくてよいので大変便利ですね。

    本体部分には今回、A4サイズの雑誌3冊とタオル、マイボトルを入れてみました。  このように実際日用品を入れてみると、思っていたよりも容量があるように感じました。 また、写真からもお分かりいただけるようにバッグが自立するので、中身が把握しやすく取り出しやすいです。

    実用性と見た目の良さのバランスがちょうどいいトートですので、例えば、子連れで持ち歩くにも便利ですし、ざっくり収納したいけれどおしゃれに持ち歩けるオリジナルエコバッグが欲しい!という方にもおすすめのバッグです。

     

    ↓日用品をエコバッグに入れてみます↓

     

    ゆとりのある外ポケット

    外ポケットにはゆとりをもって

    携帯を入れることができました

     

     

     

     

    雑誌3冊とタオル、マイボトルを入れてみる

    本体部分には雑誌3冊とタオル、マイボトル

    をいれてもまだまだゆとりがあります

     

     

     

     

    ▶▶ 厚手キャンバスBCトート(S)の商品ページへ ▶▶

     

     

     

    ■「厚手キャンバスBCトート(S)」の作りを手にとってレビューします

     

    ●裏地の作りを見ましょう!

    厚手キャンバスBCトートの裏地の状態について確認してみました。

    まず、全体的に裏地の縫製は綺麗でしたが、ところどころ糸が出ている部分がありました。  生地が分厚いため、生地同士が重なりあっている部分は左右斜めから何度も繰り返し縫われていました。

    持ち手部分に関しても、生地が分厚いため折り返し縫いはされておらず、生地の切れ端も処理されていませんでした。  また、ハンドルライン部分は太目のステッチが施されていました。  また、サイドの縫い目は生地が重なり合っていないので比較的縫製が綺麗で、ほつれている様子はありませんので安心してお使いいただけそうです。

    底面は袋状になっていたので縫い目がなく、ほつれる心配がない点も安心です。

     

    ↓ 裏返して作りをレビューします ↓

     

    底面の裏地の状態

    底面の裏地の状態です

    生地が重なり部分の縫い目が目立ちますが

    底面は袋状になっていました

     

     

    角の裏地の状態

    角の裏地の状態です

    左右、斜め、縦に何重にも縫われている

    ことが分かります

     

     

    ステッチ部分の裏地の状態

    ステッチ部分の裏地の状態です

    縫い終わりの処理がやや甘いです

     

     

     

    タグに注意事項が記載されていました

    タグに注意事項が記載されていました

    「洗濯による若干の色落ち」について

    書かれています

     

     

    持ち手部分の裏地の状態

    持ち手部分の裏地の状態です

    縫い目はきれいですが

    持ち手の端は処理されていませんでした

     

     

    ステッチ中央部分の裏地の状態

    ステッチ中央部分の裏地の状態です

    縫い目はかなり綺麗にみえました

     

     

     

    側面の裏地の状態

    側面の裏地の状態です

    太めのステッチが綺麗に施されています

     

     

     

     

     

    側面の縫い終わり部分の裏地状況

    側面の縫い終わり部分の裏地状況です

    ほつれはみられませんが、糸が絡まっていて

    やや処理が甘いように見えます

     

     

     

     

     

     

    ●実際に洗濯実験をしてみました

    裏地の状態を確認している際に、すべてのバッグに「洗濯すると色落ちする」旨の注意事項が書かれたタグが取り付けられていました。  そこで、今回も実際に手洗い洗濯してみて、色落ちがあるのか・どの程度の色落ちなのかを試してみました

    「厚手キャンバスBCトート」はカラーが5色ありますので、今回は代表してレッドのみ洗濯してみました。  結果としては、洗濯時の色落ちは全くみられません。  また、一般的なエコバッグと比較すると、洗濯時にかなり水を弾いていましたので、万が一こちらのエコバッグに飲み物をこぼしてしまっても、少量であればふき取ることで対応できそうです。  また、ひどく汚れたとしても色落ちが全くありませんでしたので、気軽に洗濯していただけそうです。  さらに、手洗いであれば乾燥後のシワ入りもほとんどなかったので、アイロンなしで手軽にお使いいただけると思います。

    ※一度の洗濯では色落ちは全くありませんでしたが、繰り返し洗濯した際の色落ちについては検証できておりませんので、重ねて洗濯される場合は色落ちにお気をつけください。

     

    ↓ レッドのエコバッグを実際に手洗い実験してみました ↓

     

    洗濯開始時の様子

    洗濯開始時の様子です

    これだけの水をかけてもしばらくの間

    水を弾いていました

     

     

    2分程度水に濡らした際の様子

    2分程度水に濡らした際の様子です
    まだ水を弾いていることが分かります

     

     

     

    洗濯後の様子です

    色落ちも見られませんしシワ入りもないので気持ちよくお使いいただけるかと思います

     

     

     

     

    ▶▶ 厚手キャンバスBCトート(S)の商品ページへ ▶▶

     

     

     

     

    ■「厚手キャンバスBCトート(S)」の利用シーンを考えてみました

     

    ここまでに何度も「厚手キャンバスBCトートS」の特徴についてお伝えしてきましたが、こちらのエコバッグは使いやすさに特化したエコバッグです。  特に、デイリーバッグとしてちょうどいいサイズ感と、物が取り出しやすい外付けポケット中身を入れなくても自立してくれるしっかりした生地感が大変魅力的です。  また、14オンスの厚手素材で高級感がありますので、記念日やお誕生日祝いなどのプレゼントやお祝い品としても最適です。  さらに、カラーが豊富で5色展開されているエコバッグはなかなかありませんので、ディスプレイ用や看板商品として店頭に並べれば存在感抜群です。

    カラーが豊富であることによって、様々な好みのお客様に対応できますので、幅広いお客様に手に取っていただけるのではないかと思います。   高級なノベルディーとしても注目に値しそうですね!

    ぜひ「厚手キャンバスBCトート(S)」でオリジナルエコバッグを作成してみてください(^_^)

    オリジナルプリントは片面あたりシルクスクリーン印刷で1~2色、両面に印刷作成可能です。

     

     

     

     

    ▶▶ 厚手キャンバスBCトート(S)の商品ページへ ▶▶

     

     

     

     

    厚手キャンバスBCトート(S)で格安オリジナルエコバッグを作成しよう!

     

    前
    キャンバスフロントポケットショルダートートの詳細レビュー
    カテゴリートップ
    エコバッグの実験レビュー/詳細レポート
    次
    キャンバストップカラーベルトライントートの詳細レビュー!
    スピード印刷便
    スピード印刷便 最短中2営業日出荷 お急ぎご対応できます!

    無料印刷お見積り
    オリジナル作成簡単見積もり


    人気のエコバッグ一覧へ


    お問い合わせ

    = エコバッグ一覧 =

     

    フルカラー印刷OK定番トートバッグ一覧

     

    ナチュラルカラーのコットントートバッグ一覧

     

    カラートートバッグ一覧


    プリント価格¥

    ご利用にあたり
    オプション詳細説明
    カンパニー
    プリントコンテンツ
    自然素材で作られたコットントート専門に印刷している会社です。染色染料での印刷は乳幼児が触れても安全保証されていて洗濯乾燥もOKなので清潔。徹底したローコスト運営と、全てのお客様に公平であることで裏付けのある安さも実現しているディアアースです。